朝食の上の空想旅行記

「朝食の上の空想旅行記」 

 

2022 2022 60.0cm×72.0cm oil on canvas

 

テーブルクロスにしわが寄るだけで僕は砂漠や大海原を冒険することができる。

 

 

この作品は池平徹兵展「色彩が透明に帰る場所」で展示します。

 

19日(金)20日(土)21日(日)は僕もギャラリーにいます。

 

皆様にお会いできること楽しみにしています!

 

 

……………………………………………………………………………………………………..

 

池平徹兵展「色彩が透明に帰る場所」

 

会期: 8月19日(金)~8月30日(火) 

  :11時 - 19時(最終日は16時まで)

  *8月24日は休廊 

作家在廊日 8月19日、20日、21日

 

場所: FLORE Artist Gallery 

神戸市中央区山本通1-7-9ブーミン北野1F

https://www.ag-lareine.com

 

企画・運営 アプリュセー合同会社

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

 

 

窓辺の空想旅行記

窓辺の空想旅行記  2022 2022 60.0cm×72.0cm oil on canvas

 

この作品は池平徹兵展「色彩が透明に帰る場所」で展示します。

 

……………………………………………………………………………………………………..

 

池平徹兵展「色彩が透明に帰る場所」

 

会期: 8月19日(金)~8月30日(火) 

  :11時 - 19時(最終日は16時まで)

  *8月24日は休廊 

作家在廊日 8月19日、20日、21日

 

場所: FLORE Artist Gallery 

神戸市中央区山本通1-7-9ブーミン北野1F

https://www.ag-lareine.com

 

企画・運営 アプリュセー合同会社

アートラインかしわ

 

「アートラインかしわ」展示プラン

 

高島屋ステーションモール全体を使って、

 

ヘンゼルとグレーテルが森に落とした道しるべのように、気づいた人にだけ見える「透明な小道」を作ります。

 

気づかずに素通りする人々の中を、自分だけに見えている道を辿っていくと、もう一つの別の世界に迷い込んでいきます。

 

会期は2022年 10月1日(土)~10月25日(火)です。

 

楽しみにしていてください。

スターバックスの千利休

 

スターバックスでバイトして頂けますでしょうか。」

 

千利休に聞いてみた。

 

「承知しました。」

 

千利休は即答する。

 

この人はスターバックスのバイトでも自分のお茶を出せる自信があるのだ。

 

この時点で凄すぎる。と僕は思う。

 

 

 

「では抹茶クリームフラペーチーノを一つお願いします。」

と僕は千利休にお願いした。

 

さあどうする。僕はワクワクしながらそれを待つ。

 

 

千利休が僕に差し出した抹茶クリームフラペチーノは湧き水のように無色透明だった。

 

透明すぎる。

 

これが抹茶だとしたら絶対に薄すぎる。と僕は思う。

 

茶室ではなくスターバックスというハンデを意識して引き算し過ぎたのだ。

 

 

 

僕は黙ってそれを一口飲んだ。

 

やっぱり薄い。

 

薄いどころかそれは常温の水だった。

 

 

削ぎ落とした結果、抹茶クリームフラペチーノは純粋な水に帰って行ったのだろう。

 

僕はスターバックスの店内にいながら山奥の湧き水をイメージしてそれに向き合おうとした。

 

無理だ。僕の力不足なのか集中しきれない。

 

やはりスターバックスでは千利休でも限界があるのだ。

 

僕はあきらめて一気に飲み干した。

 

 

 

いや違う!

 

と僕は気づく。これは湧き水ですらない。ただの水道水だ。

 

一生懸命に泳いでいた時に飲んでしまったプールの水の味と匂い。

 

 

「あなたは僕の手に水掻きがあることに気づいたのですね。

本気で水泳をやったことがある人にしかこの水掻きはできない。」

と僕は言う。

 

千利休は静かに頷いた。

 

 

 

苦しい水泳の練習を乗り越えた日のプールの水と同じ匂いだった。

 

試合の朝のウォーミングアップ、レース中の記憶、僕の意識が全力で泳いでいたあの頃の夏に帰って行く。

 

僕はまだまだ頑張れる。

 

 

 

 

 

「参りました。素晴らしい一杯でした。」

と僕は言う。

 

僕は千利休の出した一杯の飲み物にすっかり感動していた。

 

 

やはり予想通り千利休ならどのような環境でも最高のお茶を出せる。

 

僕も頑張らなければ。と思う。

 

 

と僕は思考実験を終えて水道水を一口飲んだ。

 

.................................................................................................................

 

*これは僕がどんな環境でも自分を発揮する為に行っている思考実験です。

 

*写真は千利休の愛した器を、僕が模写した作品です。

紙粘土で作って表面の質感を絵の具で模写しました。ただの石に近づくことが大切だと感じました。

 

*僕は最近水道水にはまっています。

これは水泳を一生懸命にやったことのある人にしか分からない味ですが、水道水を飲むだけで一気にあの時の練習くらい頑張れる自分に戻れます。

あの頃に頑張ったご褒美だと思いますのでぜひお試しください。

 

 

色彩が透明に帰る場所

「色彩が透明に帰る場所 」

2022 162.0cm×162.0cm oil on canvas

 

この作品は神戸のFRORE Artist Gallery 池平徹兵展「色彩が透明に帰る場所」で展示します。

 

……………………………………………………………………………………………………..

 

池平徹兵展「色彩が透明に帰る場所」

 

会期: 8月19日(金)~8月30日(火) 

  :11時 - 19時(最終日は16時まで)

  *8月24日は休廊 

作家在廊日 8月19日、20日、21日

 

場所: FLORE Artist Gallery 

神戸市中央区山本通1-7-9ブーミン北野1F

https://www.ag-lareine.com

 

企画・運営 アプリュセー合同会社

 

..................................................................................................

 

 

「色彩が透明に帰る場所」

 

 

真っ白な雪原のように、真っ白なキャンバスは美しい。

 

そこに線を引いても真っ白な美しさが損なわれない線がある。

それを私は良い線だと思う。

 

さらにキャンバスの隅々まで線や色彩が溢れても、

まだ最初の真っ白な美しさが保たれている絵画。

 

それを私は「色彩が透明に帰る場所」と呼ぶ。

 

私はその瞬間に最も描きたいものを画面に加えていくという方法で絵を描く。

 

本当に描きたい気持ちで描いた時にだけ、そこへ行く道が見える。

 

 

 

 

池平徹兵展「色彩が透明に帰る場所 」

 

 

「色彩が透明に帰る場所」

 

 

真っ白な雪原のように、真っ白なキャンバスは美しい。

 

そこに線を引いても真っ白な美しさが損なわれない線がある。

それを私は良い線だと思う。

 

さらにキャンバスの隅々まで線や色彩が溢れても、

まだ最初の真っ白な美しさが保たれている絵画。

 

それを私は「色彩が透明に帰る場所」と呼ぶ。

 

私はその瞬間に最も描きたいものを画面に加えていくという方法で絵を描く。

 

本当に描きたい気持ちで描いた時にだけ、そこへ行く道が見える。

 

 

Teppei Ikehila

 

 

.........................................................................................................

池平徹兵展「色彩が透明に帰る場所」

 

会期: 8月19日(金)~8月30日(火) 

  :11時 - 19時(最終日は16時まで)

  *8月24日は休廊 

作家在廊日 8月19日(金)、20日(土)、21日(日)

 

場所: FLORE Artist Gallery 

神戸市中央区山本通1-7-9ブーミン北野1F

https://www.ag-lareine.com

 

企画・運営 アプリュセー合同会社

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

ワークショップ

- 絵の中への冒険 と 絵の外への冒険 -

 

開催日 2022年8月20日(土)   ①午前の部:10時半-12時  /  ②午後の部:14時-15時半

参加対象:小学生以上(大人のご参加 大歓迎!)

      *未就学児のご参加はご相談ください。

参加料:1名 3,500円(税別)

              親子参加 2名分 6,300円(税別)

      *別途、材料代300円

会場:FLORE Artist Gallery

   神戸市中央区山本通 1-7-9 ブーミン北野 1F

お申込みはこちらのフォームからお願いいたします。

https://forms.gle/WsdeWQbDmffLyWYWA

 

 

「Universe on the table」

Universe on the table」2022 60.6cm×72.7cm oil on canvas

 

台湾のアートフェアに向けて2点の新作を描きました。

2点目は1点目が成功したので純粋な実験と挑戦に使うことができました

1点目で求められている役割には十分に応えた自信があったので、2点目はアートフェアに間に合わなくてもよいとさえ感じられ時間からも解放されました。

 

ちょうどその時、フランスの友達のCathyの名前を名乗った詐欺のメールがありました。

偽物のCathyから連絡があったおかげで、僕は本物のCathyのFacebookの投稿を見ました。

もう一度僕の脳と心に正しいCathyを認識させておこうと思ったからです。

そのCarthyの投稿にあった机の上を描きたくなりました。

 

僕はいつも小さな世界の中にも広い宇宙を見ています。

その為、いつも絵は広く壮大になっていきます。

なのでいつも大きな絵を描きたくなって、中サイズのキャンバスでは狭いと感じてしまっていたように思います。

2点目の新作は空間を机の上に絞ってみました。

これが部屋の片隅に作る小宇宙みたいで驚くほど僕をワクワクさせました。

僕は少し前に進めた気がしています。

 

Universe on the table」(制作過程)2022 60.6mm×72.7cm oil on canvas

 

Exhibition: 2022 ART TAICHUNG 台中藝術博覽會

Date: July 15th (Fri) - July 17th (Sun), 2022

Opening Hours: 12:00-7:00 PM (until 6:00 pm on July 17th)

VIP Preview: 3:00-7:00 pm, July 14th (Thu), 2022

Booth: 1006DK

Venue: The Lin Hotel Taichung 

 

展覧会:2022 ART TAICHUNG 台中藝術博覽會

日付:2022年7月15日(金)~7月17日(日)

営業時間:12:00~7:00 PM(7月17日午後6時まで)

VIPプレビュー:2022年7月14日(木)午後3時から7時

ブース:1006DK会場:The Lin Hotel Taichung

 

「Beautiful Japan」

 

「Beautiful Japan」2022 60.6mm×72.7cm oil on canvas 

 

台湾のアートフェアに向けて2点の新作を描きました。

 

僕はいつも、大きな作品を描きたいという気持ちと、反対に小さくても表現できるという気持ちから、

中くらいの作品を描こうという気持ちになることはあまりありません。

 

でも中サイズを求められることは多く、この機会に中サイズを描く意味を探すことにしました。

誰かに求められるだけでは描く動機として不十分なのです。

 

1点目は最低限求められていることに応えた上で、自分のやりたいことにも挑戦したかったので、常に緊張感を持って制作していました。

 

それでも制作するときは先のことや全体のことは考えず、その瞬間だけに集中し、その瞬間に一番描きたいもので画面を満たしていきました。

鳥取の季刊誌の秋号の打ち合わせを同時進行していた為、秋のモチーフも次々に描き込まれていきました。

今回は海外での展示なので自分が日本のアーティストであるという意識も強く影響したように思います。

やっても意味がないという理由を探すより、やる意味を探すことに時間を使う方が有意義な時間になります。

 

 

「Beautiful Japan」(制作過程)2022 60.6mm×72.7cm oil on canvas 

 

Exhibition: 2022 ART TAICHUNG 台中藝術博覽會

Date: July 15th (Fri) - July 17th (Sun), 2022

Opening Hours: 12:00-7:00 PM (until 6:00 pm on July 17th)

VIP Preview: 3:00-7:00 pm, July 14th (Thu), 2022

Booth: 1006DK

Venue: The Lin Hotel Taichung 

 

展覧会:2022 ART TAICHUNG 台中藝術博覽會

日付:2022年7月15日(金)~7月17日(日)

営業時間:12:00~7:00 PM(7月17日午後6時まで)

VIPプレビュー:2022年7月14日(木)午後3時から7時

ブース:1006DK会場:The Lin Hotel Taichung

ワークショップ「- 絵の中への冒険 と 絵の外への冒険」

神戸の個展でのワークショップのお知らせです。

 

 

「- 絵の中への冒険 と 絵の外への冒険 -」

 

池平徹兵はその日に一番描きたいものを画面に加えていくという方法で絵を描きます。

それは画面の隅々までを大切な部分にするためです。

全てが主役でありながら互いを引き立て合う 「一つになることを目的とせずに一つになる世界」です。

 

また2021年からは、その世界をキャンバスの外へも広げようと「part of the world」のシリーズを制作しはじめました。

日本庭園の借景からヒントを得たこの作品は、日常を借景にして、絵の外の景色まで大切にすることを目指した作品です。

本気で力を注いだ絵は景色の中で大切な一部分となり、その周りの景色も大切な景色に変化させます。

 

このワークショップでは本気で描く体験を行った後、それを透明アクリル板に張り、様々な景色と合わせて鑑賞します。

全力で絵を描くことで身近な景色を大切にしたくなるワークショップです。

 

視界の全てを大切に思えた時、人はとても幸せな気持ちになります。

ぜひこのワークショップでそれをご体感ください。

 

ワークショップ終了後は、描いた作品を手にして北野の街を巡りながら、鑑賞を楽しんでください。

撮影スポットなどご紹介いたします。

___________

開催日 2022年8月20日(土)   ①午前の部:10時半-12時  /  ②午後の部:14時-15時半

参加対象:小学生以上(大人のご参加 大歓迎!)

      *未就学児のご参加はご相談ください。

参加料:1名 3,500円(税別)

              親子参加 2名分 6,300円(税別)

      *別途、材料代300円

会場:FLORE Artist Gallery

   神戸市中央区山本通 1-7-9 ブーミン北野  1F

お申込みはこちらのフォームからお願いいたします。

https://forms.gle/WsdeWQbDmffLyWYWA

 


.............................................................................................................................................

池平徹兵展「色彩が透明に帰る場所」

8月19日(金)~8月30日(火)

場所 FLORE Artist Gallery 1F https://www.ag-lareine.com

作家在廊日 8月19日、20日、21日